軽い力でも大丈夫

力加減に気を付けよう

強く歯を擦らないように、優しい力加減を意識してください。
力が強いと着色汚れだけでなく、歯のエナメル質まで削ぎ落してしまいます。
するとそこに虫歯菌が溜まったり、刺激が伝わりやすくなり知覚過敏になったりします。
弱い力でもホワイトニング剤を使えば、着色汚れを綺麗に落とせるので安心してください。

歯磨きの際に力が入りすぎていないか、簡単な方法でチェックできます。
まず歯ブラシを、普段の力で歯に当ててください。
その時に毛先が広がり、歯ブラシの裏から毛先が見えていませんか。
そうなっている人は、力を入れすぎていると判断できます。
毛先が広がらない程度の力加減に、早く慣れてください。
磨く時に鏡を使うと、磨き残しをなくせます。

古くなった歯ブラシは交換

ずっと同じ歯ブラシを使い続けている人はいませんか。
しかし衛生的に良くないので、定期的に交換してください。
目安は、1か月に1回だと言われています。
しかしそれよりも前に毛先がボロボロになったり、汚れが目に見えるようになったりしたら交換してください。

バイ菌が付着している歯ブラシを使うと、口内環境が悪くなります。
すると着色汚れが付きやすくなったり、病気を発症したりするので気を付けてください。
毎回歯ブラシを使い終わったら、綺麗に洗っている人が多いでしょう。
ですがそれでも、バイ菌を全て落とすことはできません。
歯ブラシは消耗品だと理解し、ベストなタイミングで交換しましょう。
いつでも交換できるよう、自宅にストックを用意するのがおすすめです。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る