着色汚れが気になる場合

市販のホワイトニング剤を使うときに歯ブラシはどうすべき

ホワイトニング剤を活用する

毎日歯磨いていても、普段食べているものによっては着色汚れが目立ってしまいます。 すると見た目が悪くなるので、ホワイトニングを実行しましょう。 忙しくて歯医者に行く時間がない人でも、安心してください。 市販のホワイトニング剤を買えば、自宅で簡単にできます。

手軽にホワイトニングをしよう

歯に付いた着色汚れを落としたい時は、わざわざ歯医者に行ってホワイトニングをしなければいけないと思っていた人が多いでしょう。
しかし今はドラッグストアなどで、ホワイトニング剤が売られています。
ですから手間を省きながら、ホワイトニングができるので気軽に挑戦しましょう。
しかしホワイトニング剤を使いすぎると、歯の表面が削れてしまいます。
すると汚れやすくなったり病気のリスクが高まったりするので、使用量を守りましょう。

さらに、柔らかい歯ブラシを使うのが良い方法です。
市販の歯ブラシは固め、普通、柔らかめというように3種類あります。
固めや普通の歯ブラシを使うと、歯を傷つける恐れがあるので柔らかい歯ブラシで磨きましょう。
また市販のホワイトニング剤は手軽に利用できる部分がメリットですが、即効性のある方法ではありません。
毎日使用を続けることで、次第に着色汚れが落ちていくものです。

歯を磨く時は、力を入れすぎないように注意しましょう。
強い力を入れて磨くと、せっかく柔らかい歯ブラシを使っているのに歯に負担を与えるので意味がありません。
優しい力加減でも、着色汚れをしっかり落とすことができます。
また清潔な歯ブラシ使うことも、白く綺麗な歯に生まれ変わるために欠かせません。
そのため歯ブラシは、定期的に交換してください。
毎回使い終わった歯ブラシを綺麗に洗っていても、長く使用するとバイ菌が付着するので、衛生状態が良くありません。

柔らかい歯ブラシが良い

基本的に歯ブラシには、3種類の固さがあります。 おすすめは柔らかい歯ブラシなので、別の歯ブラシを使っている人は買い直してください。 柔らかい歯ブラシを使うと、余計に歯を傷つけるリスクが低下します。 毎日歯磨き粉を使って、ホワイトニングを成功させましょう。

軽い力でも大丈夫

強い力を入れなくても、着色汚れを落とせます。 ホワイトニングをする際は、力加減に気を付けてください。 力を入れると柔らかい歯ブラシを使っていても歯が傷つき、逆効果になります。 また、清潔な歯ブラシを使うように心がけてください。 定期的に、歯ブラシを交換しましょう。

Topへ戻る